人妻を満足させるセックステクニック

人妻と会いたいという動機は人それぞれですが、その中には人妻をセフレにしたいという人もいるのではないでしょうか。セフレにしたいと思っても、セックステクニックがなく上手くいかない、相手にされないなどあれば嫌ですよね。では、どうすれば相手を満足させるセックスが出来るのでしょうか。
セックスには、根本的な男女の違いがあるのに、そこに気づかずただAVのようなセックスをしても上手くいかないことも多いようです。もちろん、AVのようなセックスが上手くいく場合もあると思いますが、男女の体の違いは今まで意識したことがないようなものが多くあります。
男女の感じ方の違いを意識したことはあるでしょうか。この違いは明らかで、女性はすぐに感度が高い反応を示し男性は最後に強い感度を感じるのではないでしょうか。女性の場合も最後に強い感度を感じることもありますが、全ての女性がそうなるわけではないようです。
男性のほとんどが、セックスの最後に強い快楽を感じた後、セックスに対する意欲がなくなりそこで終了という形がほとんどだと思います。ですが、それで男性のように女性が満足しているかというと、全部が全部満足しているというわけではないようです。では、この違いはどこから生まれるのでしょうか。
それは、男性は最後に勢いよく燃え上がる火のようなもので、女性はじっくり沸騰する水のようなものに例えると分かりやすいと思います。火はついた時の火力が強いですが、すぐに消えるのと逆に、水は沸騰するまで時間がかかりますが、沸騰したら置いておいてもずっと熱いままです。
これは、男女の体の違いに当てはめるとよく分かると思います。男性は、最後に一気に爆発するようなエネルギーの強さなので、とにかく最後を目指します。ですが、女性は沸騰しないと感度が高まらないため、じっくり温めてもらわないといけないわけです。
女性によっては、自分のイメージや感度の違いによって沸騰しやすさは変わってきますが、やはり男性よりじっくり沸騰するイメージを持っておくと、まだ沸騰していない女性の体を、男性の体のペースに合わせてせっせと早く終わらせようとすることもなくなるのではないでしょうか。
つい男性は、最後に感じる大きな快楽のために先を急ぎますが、女性は先を急ぐよりなるべく過程を楽しみたいわけです。過程を楽しむからこそだんだんと沸騰していくので、最後にすぐいきたい衝動を抑えて女性の体のペースに合わせたセックスが出来れば、男女ともに満足するセックスが出来るでしょう。
それは、人妻とセックスをする時と同じです。人によってはぱっぱと終わらせたいケースもあるかもしれませんが、じっくり楽しみたい人にとっては、女性の体の特性から考えるとゆっくり沸騰するようなセックスが理想的といえます。そのためには、肌に対する触り方も意識するといいでしょう。
自分の体を触っても分かりますが、触っているか触っていないか程度がくすぐったくもあり感度も高いのではないでしょうか。ですが、強く触ると感度が鈍り、もっと強くすると痛くなります。そんな強い力で触ると女性の体の感度も下がってしまうのが分かりますが、AVの見よう見まねをする人は、強く女性の体を刺激してしまい、痛い気持ちを隠している女性を理解出来ず続けてしまうことも多いようです。
なので、男性が思っているような形では女性は満足しないのは、AVぐらいしか参考になるものがないからかもしれません。AVはセックスの実技や教科書というより、エンターテイメント性が強いので正しいか正しくないかより楽しませるかどうかに力を入れていることもあるので、全てを鵜呑みにしてオリジナルにしても、あまり上手くいかないかもしれません。

コメントは停止中です。